マダラメイガ(読み)まだらめいが

日本大百科全書(ニッポニカ)「マダラメイガ」の解説

マダラメイガ
まだらめいが / 斑螟蛾

昆虫綱鱗翅(りんし)目メイガ科の一亜科であるマダラメイ亜科Phycitinaeのガの総称。日本産だけでも600種以上知られているメイガ科のなかで、この亜科のものはノメイガ亜科に次いで多く、120種余りが記録されているが、研究が非常に遅れているので、実際は200種くらい生息しているものと考えられる。はねは細長く、じみな色彩の種が多く、開張10~30ミリ。すべて夜行性で、灯火に飛来するが、幼虫が乾燥食品につくノシメマダラメイガ(米、クルミ、豆、乾果、菓子)、スジコナマダラメイガ(小麦粉、ふすま、そば粉、乾果)、チャマダラメイガ(葉タバコ)などの重要害虫は、長年、人家、倉庫、製粉工場などにすみついてよく適応しており、灯火には誘引されない。ナシマダラメイガやツツマダラメイガは果樹の害虫としてよく知られ、マツノシンマダラメイガ、マツノマダラメイガマツアカマダラメイガは、針葉樹の新梢(しんしょう)や球果などの害虫として林業に影響を与える。また、カラマツマダラメイガの幼虫は、山形県や長野県でカラマツ林に多発し、かなり被害が出ており、シロイチモンジマダラメイガの幼虫は、エンドウ、ダイズ、ササゲの大害虫で、(さや)内で食害する。

[井上 寛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android