コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マチカネワニ(待兼鰐) マチカネワニTomistoma machikanense

世界大百科事典 第2版の解説

マチカネワニ【マチカネワニ(待兼鰐) Tomistoma machikanense】

1965年大阪府豊中市待兼山の大阪大学理学部の敷地より発見された絶滅爬虫類。名前は発見場所に由来する。尾部を欠くがほぼ完全な骨格で,全長8mに達する。世界的にも最大級のものといえる。頭は比較的大きく,吻部(ふんぶ)は細長くとがり,その外形は長二等辺三角形をなし,トミストマに似ることからこの属に含められている。第四紀初期の大阪層群上部から産し,トウヨウゾウStegodon orientalisと共存した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マチカネワニ(待兼鰐)の関連キーワードゴダール(Jean-Luc Godard)森一生宇宙開発史(年表)アニオン電着塗装シャブロル新藤兼人中平康山本薩夫[各個指定]芸能部門石山雄大

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android