コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マチリパトナム Machilīpatnam

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マチリパトナム
Machilīpatnam

別称マスリパトナム Masulipatnam,バンダル Bandar。インド南東部,アンドラプラデーシュ州東部,ベンガル湾にのぞむ港湾・商業都市。古くから港町として繁栄し,コロマンデル海岸でも最も早くヨーロッパ人が商館を設けた (1606) 町。 1611年にはイギリス,17世紀末にはオランダが進出,カルナータカ戦争中に一時フランスが領有したが,1759年イギリス東インド会社が占領,その一拠点となり,バンダル港として知られた。伝統的な絨毯,木綿織の製造は衰退しつつあるが,楽器の生産が増大。かつてのオランダ人居留地ボランダラパレム,フランス人居留地フレンチペットなどが残る。人口 15万 9007 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マチリパトナムの関連キーワードクリシュナー[川]クリシュナ川

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android