コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マッキム・ミード・アンド・ホワイト McKim,Mead and White

世界大百科事典 第2版の解説

マッキム・ミード・アンド・ホワイト【McKim,Mead and White】

19世紀末のアメリカで最も影響力のあった建築事務所。1879年,マッキムCharles Follen McKim(1847‐1909),ミードWilliam Rutherford Mead(1846‐1928),ホワイトStanford White(1853‐1906)により結成される。繁栄期に入り自立を意識しはじめ,古典主義を好んだアメリカ建築界にあって,時流に乗りながら住宅建築に自由な平面プランを導入し,公共・商業建築には洗練された様式装飾をほどこし,大きな指導力を発揮する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

マッキム・ミード・アンド・ホワイトの関連キーワードボストン市立図書館ベーコンライト

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android