コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マッキム・ミード・アンド・ホワイト McKim,Mead and White

1件 の用語解説(マッキム・ミード・アンド・ホワイトの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

マッキム・ミード・アンド・ホワイト【McKim,Mead and White】

19世紀末のアメリカで最も影響力のあった建築事務所。1879年,マッキムCharles Follen McKim(1847‐1909),ミードWilliam Rutherford Mead(1846‐1928),ホワイトStanford White(1853‐1906)により結成される。繁栄期に入り自立を意識しはじめ,古典主義を好んだアメリカ建築界にあって,時流に乗りながら住宅建築に自由な平面プランを導入し,公共・商業建築には洗練された様式装飾をほどこし,大きな指導力を発揮する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マッキム・ミード・アンド・ホワイトの関連キーワードアメリカアングロアメリカ平安時代ラテンアメリカアメリカ杉アメリカ地中海アメリカン亜米利加アメリカ梯姑パリのアメリカ人

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone