マッキンリー‐フェシュバッハ散乱(英語表記)McKinley-Feshbach's scattering

法則の辞典の解説

マッキンリー‐フェシュバッハ散乱【McKinley-Feshbach's scattering】

スピン1/2,質量m,電荷 Ze をもつ相対論的な粒子が,電荷 Ze のつくるクーロンポテンシャルで散乱するときの微分断面積を表現する公式.入射粒子の速度を v,光速度に対する v の比を β とし,散乱角を θ,また α1ZZe2/hc としたとき,微分断面積は次の式となる.

ここで

ラザフォードの微分断面積である.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android