コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

微分断面積 びぶんだんめんせきdifferential cross section

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

微分断面積
びぶんだんめんせき
differential cross section

散乱の断面積のうち,入射粒子の進行方向からある角度をなす方向の微小立体角 の中に散乱されるものだけ考えるときの断面積 dσ または dσ/ をいう。これを全立体角 4π にわたって積分したものを微分断面積と区別するため,全断面積と呼ぶ。入射方向を極軸とした極座標 で表わした散乱振幅 とすれば, となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の微分断面積の言及

【核反応】より

…通常バーン(10-24cm2)を単位に用いる。衝突後の状態をB+bに限定したときには反応A(a,b)Bの断面積,放出粒子bの方向まで限定したときは微分断面積という。その場合,これらの和または積分で与えられる総量をとくに全断面積と呼ぶ。…

【散乱断面積】より

…断面積は面積の次元をもっており,単位としてはcm2が用いられるが,核物理の分野では,原子核の半径が10-12cm程度であることから,10-24cm2を単位として測ることが多く,これをバーンと呼ぶ。 散乱断面積の場合,入射粒子(粒子の波動性に着目するときは入射波)が単位強度の強さであるとき,標的によって単位時間内に単位立体角当りに散乱される割合を微分断面積といい,これをあらゆる散乱角について積分したものを全断面積という。【渡部 力】。…

※「微分断面積」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

微分断面積の関連キーワードクラマース‐ハイゼンベルクの分散式マッキンリー‐フェシュバッハ散乱シュテュッケルベルク振動ローゼンブルースの公式ラザフォード散乱公式散乱断面積核データバーン極座標入射散乱

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android