マックス サイラー(英語表記)Max Theiler

20世紀西洋人名事典の解説

マックス サイラー
Max Theiler


1899.1.30 - 1972.8.11
南アフリカ微生物学者,医学者。
元・エール大学教授。
プレトリア生まれ。
父アーノルドは著名な獣医学者で、ケープタウン大学卒業後英国に留学、セント・トマス病院、ロンドン熱帯医学校で学ぶ。後、アメリカに渡り、ハーバード大学医学部を経て、1930年ロックフェラー財団国際保険部に移り、’50年には同ウィルス研究部長となる。その後、’64年エール大学流行病学、微生物の教授に任命され、’67年まで務めた。この間、黄熱病ワクチン17-Dの開発など黄熱ウィルス研究に貢献し、’51年ノーベル生理学賞を受賞した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android