コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マッサゲタイ Massagetai

世界大百科事典 第2版の解説

マッサゲタイ【Massagetai】

中央アジアの古代民族。ラテン語ではマッサゲタエMassagetae。古代ギリシアの諸史料に登場するもので,ヘロドトスは,この民族がアケメネス朝のキュロス2世(在位,前559‐前530)を敗死させ,逆にダレイオス1世(在位,前522‐前486)に滅ぼされたことや,遊牧民としての習俗について語っている。しかし,彼らの居住地域や人種的帰属については,いまだに明らかにされていない。マッサゲタイを古代ペルシア語の方言であるアベスター語によってmasya‐ko(魚を食べる人)と解釈する説,古代ペルシア語のmasso‐getaeにあてて〈大月氏〉とみる説,さらにはmassaka‐taとして〈大サカ族〉とする説などが出されているが,いずれも決定的な支持を得るにはいたらず,近年では,カスピ海の東からアラル海の周辺地域に住んでいた雑多な古代民族の総称とする説も提出されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マッサゲタイの関連キーワードキロス(2世)

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android