コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マツムシソウ科 まつむしそうか

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マツムシソウ科
まつむしそうか
[学]Dipsacaceae

双子葉植物、合弁花類。一般に草であるが、まれに低木もある。葉は対生または輪生し、托葉(たくよう)はない。花は多くは頭状に密集し、両性で左右相称。雄しべは4本、まれに2本、花冠筒部の基部につく。花柱は細く、子房は下位で一室、胚珠(はいしゅ)は1個で垂れ下がる。キク科に近いが、葯(やく)は離生し、萼(がく)は冠毛とならない。地中海沿岸から西アジアを中心に世界に10属約270種あり、日本にはマツムシソウ属、ナベナ属が分布する。[高橋秀男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

マツムシソウ科の関連キーワードマツムシソウ(松虫草)セイヨウマツムシソウタカネマツムシソウマツムシソウラシャ掻草西洋松虫草高嶺松虫草薄色松虫草羅紗掻草鬼山芹菜チーゼル頭状花序左右相称ナベナ山芹菜山蘿蔔輪蜂菊松虫草山人参花序

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android