マテーラの洞窟住居群(読み)マテーラのどうくつじゅうきょぐん

世界の観光地名がわかる事典の解説

マテーラのどうくつじゅうきょぐん【マテーラの洞窟住居群】

イタリア南部の都市マテーラ(Matera)の石灰岩侵食によってつくられた、グラヴィナ渓谷にあるサッシ(洞窟住居)に埋め尽くされた町並み。切り立った断崖に階段や狭い通路が縦横に走り、たくさんのサッシが集まっている。サッシは先史時代に遡ることができるとも、8~13世紀にかけて東方からの修道僧が住み着き、130以上の洞窟住居を構えていたともいわれているが、詳細は不明である。先史時代の洞窟住居跡は世界各地にあるが、マテーラが異なるのは、今日も住居として利用されていることである。世界遺産に登録されている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android