コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マテーラの洞窟住居群 マテーラのどうくつじゅうきょぐん

世界の観光地名がわかる事典の解説

マテーラのどうくつじゅうきょぐん【マテーラの洞窟住居群】

イタリア南部の都市マテーラ(Matera)の石灰岩侵食によってつくられた、グラヴィナ渓谷にあるサッシ(洞窟住居)に埋め尽くされた町並み。切り立った断崖に階段や狭い通路が縦横に走り、たくさんのサッシが集まっている。サッシは先史時代に遡ることができるとも、8~13世紀にかけて東方からの修道僧が住み着き、130以上の洞窟住居を構えていたともいわれているが、詳細は不明である。先史時代の洞窟住居跡は世界各地にあるが、マテーラが異なるのは、今日も住居として利用されていることである。世界遺産に登録されている。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

マテーラの洞窟住居群の関連キーワードマテーラ大聖堂マテーラの洞窟住居と岩窟教会公園

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android