コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マトゥラ仏 マトゥラぶつMathurā

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マトゥラ仏
マトゥラぶつ
Mathurā

インドのマトゥラ地方で制作された仏像。近傍のシクリで産出される黄斑の赤色砂岩で造られている。この地で仏像が制作されたのは2世紀初頭頃とみられ,インドではガンダーラ仏に次いで早い。初期の仏像は偏袒右肩型が一般的で,カトラー出土仏坐像 (マトゥラ考古博物館) や『バラ比丘奉献仏立像』 (サールナート博物館) はその代表的作品。クシャン時代のカニシカ王 (2世紀中頃) のときには,沈静ともいえるガンダーラ仏とは異なるインド的肉体表現の理想を示すマトゥラ様式が確立している。クシャン後期にはガンダーラの影響を受けた通肩型の仏像が多くなり,作品も形式化した。しかしグプタ時代には再び活力を得,均整のとれた流麗な仏像様式を確立して名作を生んだ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マトゥラ仏の関連キーワードマトゥラ美術

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android