コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マトルーフ Matrūh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マトルーフ
Matrūh

エジプト北西部,地中海に面する避暑地アレキサンドリアとリビア国境との中間に位置する。マトルーフ県県都ローマ時代はパラエトニウムと呼ばれ,ローマの遺跡が多い。第2次世界大戦の激戦の地で,1942年一時ドイツ軍の手に落ちたが,E.ロンメル将軍敗退後,イギリス軍が再び占領した戦場。美しい海岸と南方のシーワ・オアシスで有名。人口約1万。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

マトルーフの関連キーワードナトルーン涸れ川カッターラ低地ガルビーヤ砂漠アラマインサルーム

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android