コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マナセ・ベン・イスラエル Manasseh ben Israel

1件 の用語解説(マナセ・ベン・イスラエルの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

マナセ・ベン・イスラエル【Manasseh ben Israel】

1604‐57
重商主義時代のユダヤ教徒ラビ。マラーノ(キリスト教に改宗したイベリア半島のユダヤ教徒)の出身であったが,少年時代アムステルダムへ移住した。広範な神学的知識を駆使して,ユダヤ教を一般ヨーロッパ人に説明し,功利主義の立場から,ユダヤ人は居留国に利益をもたらすと主張した。13世紀末にユダヤ人を追放したイギリスへの帰還許可を求めて,O.クロムウェルと交渉した。【石田 友雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マナセ・ベン・イスラエルの関連キーワードさまよえるユダヤ人死海文書重商主義新重商主義パリサイ派セファルディム猶太重商学派ユダヤ自治州ユダヤ教の聖典

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone