コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マナプリ湖 マナプリこLake Manapouri

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マナプリ湖
マナプリこ
Lake Manapouri

ニュージーランド,サウス島南西部,サウスランド地方の氷食湖群の一つ。面積 142km2水深 443m (同国最深) 。ブラフのアルミニウム精錬のための大規模な水力発電所が 1975年に完成した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マナプリ湖
まなぷりこ
Lake Manapouri

ニュージーランド南島南西部、フィヨルドランド国立公園内の氷食湖。テ・アナウ湖の南に隣接している。面積142平方キロメートル、標高181メートル。ニュージーランド最深の湖で、最大水深443メートル。名称は、マオリ語で「悲しい心」の意。秘境の美と大規模な水力発電所があることで知られる。[浅黄谷剛寛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

マナプリ湖の関連キーワードフィヨードランド国立公園テ・アナウ[湖]テアナウ湖

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android