湖上の美人(読み)コジョウノビジン

デジタル大辞泉の解説

こじょうのびじん〔コジヤウのビジン〕【湖上の美人】

《原題、The Lady of the Lakeスコットの物語詩。1810年刊。スコットランドカトリン湖を舞台に、エレン姫をめぐる恋と武勇とを描いたもの。
《原題、〈イタリア〉La donna del lagoロッシーニのイタリア語によるオペラ。全2幕。1819年初演。に基づく。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こじょうのびじん【湖上の美人】

イギリスの詩人スコットの物語詩。1810年刊。スコットランドの湖の小島に住む貴族の娘をめぐって、国王ら三人の勇士が恋と武勇を競う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

湖上の美人
こじょうのびじん
The Lady of the Lake

イギリスの詩人スコットの長編物語詩。1810年刊。『湖の麗人』とも訳される。前作『マーミオン』(1808)はフロッデンの戦い(1513。イングランドとスコットランドの対決)の史実を巧みに取り入れた物語詩であったが、その後を受けて、この作品はこの戦いで戦死したスコットランド王ジェームズ4世の遺児(後の同5世)を中心に、カトリン湖上の小島に住む美姫(びき)エレン、そのエレンをめぐって恋のさや当てをする勇士らを配し、恋と武勇のあやなす物語が展開する。明治に塩井雨江(うこう)による邦訳(1894)があり、わが国でも愛読された。[朱牟田夏雄]
『入江直祐訳『湖の麗人』(岩波文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

こじょうのびじん コジャウ‥【湖上の美人】

(原題The Lady of the Lake) 物語詩。スコット作。一八一〇年成立。狩に出たスコットランド王フィッツ=ジェームズの身の上に起こる恋と武勇の物語。明治一七年(一八八四)、服部誠一(撫松)纂述「春窓綺話」(実際は高田早苗・坪内逍遙・天野為之の共訳)として刊行された。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android