コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マヌス島民 マヌスとうみんManus Islanders

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マヌス島民
マヌスとうみん
Manus Islanders

パプアニューギニア北部のマヌス島の住民。形質的にはメラネシア系に,言語的にはオーストロネシア語族に属する。沿岸部の漁労・航海民であるモアヌス,内陸部の農耕民のウシアイ,漁労と農耕を行う沿岸のマタンケルに分けられるが,現在ではこうした区別はなくなりつつある。おもな生業は,サゴやし,バナナなどの栽培と漁労のほか,ココア,コーヒーなどの換金作物の栽培も重要である。祖先崇拝が盛んで家長の霊はその家の守護神となり家族の行動を監視すると考えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android