コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マハジャンガ マハジャンガMahajanga

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マハジャンガ
Mahajanga

旧称マジュンガ Majunga。マダガスカル北西部,モザンビーク海峡にのぞむ港湾都市。マハジャンガ州の州都。ボンベトカ湾の北東岸に位置。港付近に 19世紀のアラブ人の古い家が残る。北西部の中心都市で,海上交通の重要な中継点。貿易港でもあり,貨物の取扱いが多い。サイザルアサ,米,食用油,肉の缶詰,製糖など農産物加工,石鹸,セメントなどの工業がある。北東に国際空港がある。人口 12万 1967 (1990推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のマハジャンガの言及

【マジュンガ】より

…アフリカ大陸南東方,マダガスカル共和国北西部,モザンビーク海峡に臨む港湾都市。マラガシ語ではマハジャンガMahajangaという。人口10万1000(1993)で,この国第3位。…

※「マハジャンガ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マハジャンガの関連キーワードアンツィラナナ州マハジャンバ湾アンタナナリボマエバタナナキンコニ湖マローボアノシベ島

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android