コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マハッラ・エル・クブラ al‐Maḥalla al‐Kubrā

世界大百科事典 第2版の解説

マハッラ・エル・クブラ【al‐Maḥalla al‐Kubrā】

エジプト北部,ナイル・デルタ地帯の中央部,タンターとマンスーラのほぼ中間にある都市。人口40万8000(1992)。コプト時代にはダクラDaklaと呼ばれ13世紀ころから商業が盛んになった。現在では穀倉地帯の代表的都市として農産物が取引され,紡績工場や農産物加工工場なども建設され,軽工業の中心地として発展を続けている。木綿糸や絹糸が特産品として有名である。【吉村 作治】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

118番の日

1月18日。海上保安庁への緊急通報用電話番号である「118」の啓発活動を行い、海の安全確保に努める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android