コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マハッラ・エル・クブラ al‐Maḥalla al‐Kubrā

1件 の用語解説(マハッラ・エル・クブラの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

マハッラ・エル・クブラ【al‐Maḥalla al‐Kubrā】

エジプト北部,ナイルデルタ地帯の中央部,タンターマンスーラのほぼ中間にある都市。人口40万8000(1992)。コプト時代にはダクラDaklaと呼ばれ13世紀ころから商業が盛んになった。現在では穀倉地帯の代表的都市として農産物が取引され,紡績工場や農産物加工工場なども建設され,軽工業の中心地として発展を続けている。木綿糸や絹糸が特産品として有名である。【吉村 作治】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マハッラ・エル・クブラの関連キーワードエジプト暦出エジプト記ノモスロゼッタエジプト鼠エジプト綿エジプトはナイルの賜エジプト土稲子古代エジプト語エジプト風

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone