コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マピー法 マピーほう

2件 の用語解説(マピー法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マピー法
マピーほう

メイパイ法ともいう。 Machinery and Allied Products Institute (アメリカ機械工業協会) 法の略で,設備取替計画の良否を判定するための経済計算の方法の一つ。いま取替えを考慮している旧設備とそれに取って代る新設備があるとする場合,新設備の投資額を A ,第 k 年目の運転費などを C(k) ,k 年後の設備の処分価格を S(k) とする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マピー法
まぴーほう
MAPI method

アメリカ機械工業協会Machinery and Allied Product Institute(MAPI)が、設備投資を合理的に管理するために、G・ターボーの研究指導のもとで開発した投資経済計算方式。旧マピー法と新マピー法の2種がある。旧マピー法は、設備取り替えをいつ行えばよいかの問題の科学的な解決方法として考案されたもので、新旧両設備の最小費用点を算定して比較対照する、費用比較計算の一つである。これに対して新マピー法は、設備投資を実施した場合と実施しなかった場合の双方における操業効果の差を算定し、これを必要投資額に対比させた一種の投資利益率をもって設備効果の判定指標とし、それによって代替的な設備計画案の実施の緊要性を評価・判定する計算方式である。それは、投資利益率を判定尺度とするという意味で、収益性計算の一種とみなされる。新旧両法とも理論的には興味深いが、実務上はほとんど用いられていない。[森本三男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マピー法の関連キーワードぱいぱい白板パパイヤパイド・パイパー野菜パパイヤパイパーベーサイトパイパーの法則パイパーフラッグメイパイ方式レモンメレンゲパイ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone