コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マフリアノ(英語表記)mafriano[イタリア]

世界大百科事典 第2版の解説

マフリアノ【mafriano[イタリア]】

キリスト教単性論派のヤコブ派教会における総主教に次ぐ主教の称号。シリア語māpryānā(〈叙階する者〉の意)に由来し,英語ではmaphrian。7世紀前半にメソポタミア,ペルシアなど東方諸地域を管轄する主教職として成立,当初は〈東方総主教〉とも呼ばれた。11世紀よりヤコブ派教会の事実上の首長の称号として用いられ,19世紀の末まで存続した。【森安 達也】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のマフリアノの言及

【カトリコス】より

…古代においてカトリコスの称号は主教または一群の修道院全体の代表について用いられた。なおヤコブ派教会では総主教に次ぐ主教をマフリアノmafrianoと呼ぶ。【森安 達也】。…

【カトリコス】より

…古代においてカトリコスの称号は主教または一群の修道院全体の代表について用いられた。なおヤコブ派教会では総主教に次ぐ主教をマフリアノmafrianoと呼ぶ。【森安 達也】。…

※「マフリアノ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android