コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マメヅタカズラ Dischidia

1件 の用語解説(マメヅタカズラの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

マメヅタカズラ【Dischidia】

熱帯アジアオーストラリアなどに70種を産するガガイモ科マメヅタカズラDischidiaつる植物。常緑多年生で,着生して生育し,葉は対生で多肉質。二,三の種類は,シダのマメヅタのような楕円形の葉のほかに肉質の大きな貯水囊に変形した葉をもち,その中に雨水をため,気根を入れて水分を吸収できるようになっている。またこの袋状の葉はアリの巣になっていることもある。日本の植物園などでよく栽培されるのは次の2種である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone