コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マメヅタカズラ Dischidia

1件 の用語解説(マメヅタカズラの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

マメヅタカズラ【Dischidia】

熱帯アジアオーストラリアなどに70種を産するガガイモ科マメヅタカズラDischidiaつる植物。常緑多年生で,着生して生育し,葉は対生で多肉質。二,三の種類は,シダのマメヅタのような楕円形の葉のほかに肉質の大きな貯水囊に変形した葉をもち,その中に雨水をため,気根を入れて水分を吸収できるようになっている。またこの袋状の葉はアリの巣になっていることもある。日本の植物園などでよく栽培されるのは次の2種である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マメヅタカズラの関連キーワードオーストラリア区オーストラリア諸語東オーストラリア海流オーストラリア亜区オーストラリアンバロットオーストラリアン・テリアオーストラリアン・ヒーラーオーストラリアン・ミスト

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone