コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マリンビーフ

デジタル大辞泉の解説

マリン‐ビーフ

《〈和〉marine+beef》イワシなどの魚肉たんぱく質を乾燥させた粒状食品。昭和48年(1973)ころ、農林水産省水産研究所の鈴木たね子博士が開発。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内のマリンビーフの言及

【FPC】より

…食品素材として利用しやすいが,製造費が高くつくのが欠点である。近年エチルアルコールによりスケトウダラやイワシの肉を処理して粒状にした,マリンビーフと呼ばれる一種のFPCが開発された。【山口 勝巳】。…

※「マリンビーフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マリンビーフの関連キーワード海洋科学岩村捺未玉井杏奈安斉奈緒美イリガライビーフカツレツコンビーフ根岸愛増井みお藤本有紀美

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android