コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マリンビーフ マリンビーフ

2件 の用語解説(マリンビーフの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

マリン‐ビーフ

《〈和〉marine+beef》イワシなどの魚肉たんぱく質を乾燥させた粒状食品。昭和48年(1973)ころ、農林水産省水産研究所の鈴木たね子博士が開発。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

マリンビーフ

 濃縮した魚肉タンパク質で,サバ,マイワシなどの肉を加工して作る.ハンバーグステーキ,ミートボールなどのように調理して食べる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のマリンビーフの言及

【FPC】より

…食品素材として利用しやすいが,製造費が高くつくのが欠点である。近年エチルアルコールによりスケトウダラやイワシの肉を処理して粒状にした,マリンビーフと呼ばれる一種のFPCが開発された。【山口 勝巳】。…

※「マリンビーフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マリンビーフの関連キーワード鰯網鰯滓鰯鯨鰯酸岩下鰯油忙しない唐鰯イワシ酢漬けイワシ油

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone