海洋科学(読み)かいようかがく(英語表記)ocean sciences

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

海洋の自然現象に関する学問、研究、調査の包括的総称。「地球科学」等に対応する。「地球科学」と同じように比較的近年に使われだしたことばで、「海洋学」とほとんど同義語であるが、語感としてはこれよりやや広い。

 海洋学 oceanography, oceanology(英語)、océanographie(フランス語)、Meereskunde, Ozeanographie(ドイツ語)、океанолбоия(ロシア語)という用語は以前から使われている。このうち oceanology は東欧圏でよく使われる。海洋物理学、海洋化学、海洋生物学、海洋気象学、海洋地質学等に分かれており、また海洋工学も海洋科学、海洋学に密接した工学の一部門である。海洋科学も、他の諸科学と同じように、気象学や地球物理学、地磁気学、地震学などとの学際的研究が最近盛んで、学問の境界をつけにくくなっているのは注意すべきである。

(1)海洋物理学 physical oceanography 海水の運動、物性など海洋の物理的諸現象を研究する。気象学、地震学、測地学などとともに地球物理学の一分野でもある。実際には海流、潮汐(ちょうせき)、潮流、波浪、高潮など海洋力学の問題、水塊の分析・混合、海況の変動など主として熱的の問題、海中の光度、密度、比熱、海氷などの物性の問題なども含み、内容はきわめて多岐である。

(2)海洋化学 chemical oceanography 海水の化学的性質、すなわち塩分、溶存酸素、栄養塩、海水中に存在する物質、ガス、放射能などを研究する分野。

(3)海洋生物学 marine biology 海水中(底生のものも含む)にある動物・植物など海洋生物の記載、分類、挙動などに関する学問。海洋学が誕生する契機となった点は忘れることができない。プランクトンを対象にする研究部門をとくにプランクトン学、浮遊生物学planktologyともいう。

(4)海洋気象学 marine meteorology 海上における種々の気象・気候現象の理論的・実際的研究をする学問。気象学の一部門でもある。海上の台風、低気圧の発生・発達・消滅、海上風の構造、海洋と大気間の熱やエネルギー交換現象、テレコネクションなど対象は広い。海洋気象学がどちらかというと理論的立場をとるのに対し、海上気象学maritime meteorologyは、船舶の運航に結び付いた海上諸現象、気象要素の統計、最適航路の選定など実際面の研究が主である。

(5)海洋地質学 marine geology, submarine geology 海洋底の地質を対象にする学問で、陸地を対象にした地質学と同じように海底堆積(たいせき)学、海底層序学、海底地形学、海底構造地質学などに分けられる。このうち近年の海洋底拡大説、プレートテクトニクスの発展に伴い、海底構造地質学は海洋地球物理学marine geophysicsとしてその内容対象を充実しつつある。

 海洋学の応用・活用部門で工学の範囲に入るものに海洋工学がある。

(6)海洋工学 ocean engineering 海洋諸科学の知識・知見を応用して、海中の構造物、機器などの計画、設計、施工、管理にあたる学問、技術。たとえば、石油掘削リグ、潜水調査船の建造技術などがこれにあたる。海洋工学の対象は広いが、海岸工学、海中工学の分科もある。いずれにせよ海洋科学の知見と、電気、電子、土木、建築、造船、機械、計測などの諸工学分野、さらには海中医学など関連諸科学との密接な結び付きにより成立、発展している工学の大きな分野の一つである。

[半澤正男]

『『海洋科学基礎講座』全13巻(1970~78・東海大学出版会)』『『海洋学講座』全15巻(1972~76・東京大学出版会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

海洋科学の関連情報