コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルエージ maraging

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マルエージ
maraging

極低炭素合金マルテンサイト時効硬化させる操作。マルテンサイト時効 martensite agingからつくられた語。ニッケル 18~25%の鋼にコバルト,モリブデン,チタン,ニオブなどを適量加え,Ms 点を常温以上 200℃ぐらいとする。この合金鋼を高温のγ固溶体状態から Ms 点以下に冷却すると通常の炭素鋼マルテンサイトと違って軟らかく粘いマルテンサイトとなる。これをおよそ 500℃で焼戻すと,Ni3Mo ,Ni3Ti 相の微細析出が生じ著しい時効硬化を示す。これがマルエージ鋼でアメリカのインコ社により開発された。マルエージ鋼は,超強力鋼の一種で,実用的には引張強さ 240 kgf/mm2 程度の強度水準が達成されている。ウラン濃縮用遠心分離機,ロケットのモータケース,航空機の脚などに用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マルエージの関連キーワードマルエージング鋼海洋開発用新素材焼戻し強靱鋼

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android