コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルガリータ砦 マルガリータとりで

世界の観光地名がわかる事典の解説

マルガリータとりで【マルガリータ砦】

マレーシアの東マレーシア(ボルネオ島マレーシア領)サラワク州、州都クチンの市街とサラワク川をはさんで対岸にある城塞跡。この地を支配した白人王オルク・ブルックが、1879年に外敵の侵入を防ぐために建設した、ブリティッシュコロニアル様式の建物。◇マルガリータ(マーガレット)は彼の妻の名前。近くには王宮がある。マルガリータ砦はその後、王室の伝統・習慣博物館となったが、展示品はサラワク博物館に移されたため、建物のみの見学が可能になっている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android