サラワク州(読み)サラワク(英語表記)Sarawak

翻訳|Sarawak

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サラワク〔州〕
サラワク
Sarawak

マレーシア,ボルネオ島北西部の州。州都クチン。南部と東部山脈が走ってインドネシアとの国境をなし,ラジャン川,バラム川,リンバン川などが海岸に沖積平野を形成。広く熱帯雨林におおわれる。 15世紀以後ブルネイスルタンの支配下にあったが,1841年イギリス人 J.ブルックに割譲され,イギリスの保護領,直轄植民地を経て,1963年マレーシア連邦の結成とともにその州となる。主作物はイネであるが自給できない。石油木材コショウ,ゴムがおもな輸出品。内陸への交通はおもに河川によるが,海岸沿いに立地するクチン,シブミリビントゥルなどを結ぶ道路の建設が進んでいる。 70年の人種構成はイバン族と中国人が人口の大部分を占め,そのほかマレー人など。面積 12万 4449km2。人口 166万 9000 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

サラワク(Sarawak)

マレーシア、ボルネオ島北西部の州。州都クチン。1841年、英国人ジェームズ=ブルックが、海賊平定の功績によりブルネイのスルターンから藩王の称号を受けて、サラワク王国建国。19世紀末に英国保護領、1963年にマレーシア連邦に編入された。ゴム・木材などを産出。北東部のミリをはじめ、油田開発が進んでいる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サラワク州の関連情報