コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルクグラーフシャフト マルクグラーフシャフト Markgraf(en)schaft

1件 の用語解説(マルクグラーフシャフトの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マルクグラーフシャフト
マルクグラーフシャフト
Markgraf(en)schaft

辺境伯領と訳される。フランクカルル1世 (大帝) が辺境地方に設置した防備地区マルクの長マルクグラーフ (辺境伯) の管掌する地方。マルクグラーフの権限はグラーフシャフトの長グラーフのそれに等しく,辺境守備にあたる軍事指揮官として大きな勢力を有した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マルクグラーフシャフトの関連キーワード西フランク王国東フランク王国フライヘルフランク族辺境伯領マーキスカール[3世]アルブレヒト・アヒレスフリードリヒ[1世](ブランデンブルク辺境伯・選帝侯)フリードリヒ[2世](ブランデンブルク辺境伯・選帝侯)