コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルチチャンネル連続音波探査 まるちちゃんねるれんぞくおんぱたんさ multichannel seismic profiling

1件 の用語解説(マルチチャンネル連続音波探査の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

マルチチャンネル連続音波探査

海上を航行する船から発した強力な音波の反射を、ハイドロホン(水中受信機)群で連続的に捕らえ、海底下の堆積層の構造断面を画像化させる方式。音源には、通常、エアガン(圧縮空気による水中破裂音)やウオーターガン(真空にした筒の中に海水を爆入させる)を用いる。ハイドロホンは、長いビニルホースに封入して、船尾から曳航する。等間隔ずつ区切った多数のチャンネルで受信した信号を計算機処理して雑音を消し、反射面の情報を詳しく読み出すことができる。

(小林和男 東京大学名誉教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マルチチャンネル連続音波探査の関連キーワード船舶内航船沖乗り海舶航行超音波探傷器内航交差方位ジグザグ航行

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone