コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マル優廃止 マルゆうはいし

1件 の用語解説(マル優廃止の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マル優廃止
マルゆうはいし

貯蓄奨励と少額預金者保護を目的とした元本 300万円以下の貯蓄の利子を非課税とする少額貯蓄非課税制度 (通称マル優) は,1963年4月の所得税法改正以来,国民の貯蓄促進と産業界への円滑な資金補給に寄与してきた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マル優廃止の関連キーワード少額貯蓄非課税制度保険業法預金保険貯蓄預金貯蓄銀行丸優預金保険制度ペイオフ(預金の払い戻し)預金者保護委員会預金者保護基金

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone