コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マレージャコウネコ Paradoxurus hermaphroditus; Malayan palm civet

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マレージャコウネコ
Paradoxurus hermaphroditus; Malayan palm civet

食肉目ジャコウネコ科。体長尾長とも 60cm内外。体は黒褐色あるいは灰色で,肢と尾の先端は黒く,眼下と鼻の両側が白い。樹上性。おもに夜間活動し,小型哺乳類,鳥類昆虫類などを捕食する。また,攻撃者に対して,肛門のまわりにある肛門腺から強烈な臭いのする液を出す。インド,タイ,インドネシアマレーシア,中国南部などに広く分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マレージャコウネコ
まれーじゃこうねこ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のマレージャコウネコの言及

【シベット】より

…胴には黄褐色の地に黒色の縞か斑点があり,首の下面を横切る顕著な黒帯と白帯がある。背筋に,逆立てることができる〈たてがみ〉状の長毛を備えたジャコウネコ属ViverraのアフリカジャコウネコV.civetta(サハラ以南のアフリカ),インドジャコウネコV.zibetha(イラスト)(ネパールから中国南部・マラヤまで),マレージャコウネコ(ジャワジャコウネコ)V.tangalunga(マラヤ,スマトラ,ボルネオ,フィリピン)などと,そのような〈たてがみ〉のないヒメジャコウネコ(コジャコウネコ)Viverricula indica(イラスト)(インド・スリランカから中国南部まで,台湾からスマトラまで分布。ジャワ,バリ,マダガスカルなどに移入されたものは野生化)がある。…

【パームシベット】より

…巣は樹洞や岩の間などにつくり,雌はそこでふつう年に2回,妊娠期間約2ヵ月の後,1産2~4子を生む。動物園などではマレーパームシベット(マレージャコウネコともいう)Paradoxurus hermaphroditusがよく飼育されており,22年5ヵ月生存した記録がある。ジャコウネコ【今泉 忠明】。…

※「マレージャコウネコ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

マレージャコウネコの関連キーワードシベット