肛門腺(読み)こうもんせん(英語表記)anal gland

改訂新版 世界大百科事典 「肛門腺」の意味・わかりやすい解説

肛門腺 (こうもんせん)
anal gland

哺乳類肛門付近にある1対の外分泌腺で,皮膚腺の特殊化したものである。食肉目の動物,とくにイタチスカンクで発達しており,臭気ある物質を分泌することから臭腺とも呼ばれる。イタチでは〈最後っペ〉をつくる器官として有名である。イタチの肛門腺の腺体は囊状で,管状複合腺,管状胞状複合腺および胞状腺脂腺)の3種類の腺から構成されている。いずれの腺も葉状構造をなし,槽(内部にある袋状の構造)を中心として,その周囲に分布している。各葉から槽へ導管が伸び,3種類の腺から分泌された物質は槽で混合される。槽からは1本の大きな排出管が伸び,肛門の近くに開口している。分泌物は潤滑剤や消毒剤として,あるいは攻撃,防御,雌雄間の交信などにおけるフェロモンとして作用している。腺の機能は下垂体-生殖腺系や下垂体-副腎皮質系のホルモンによって調節されている。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「肛門腺」の意味・わかりやすい解説

肛門腺
こうもんせん
anal gland

哺乳類の食肉類齧歯類などにみられる1対の分泌腺で,肛門の付近に開口する。皮脂腺が変化した臭腺で,揮発性の臭いの強い液体を分泌する。スカンクの出す強烈な悪臭や,いわゆる「イタチの最後っぺ」などはこの分泌液による。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android