コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マレービッチ Malevich, Kazimir Severinovich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マレービッチ
Malevich, Kazimir Severinovich

[生]1878.2.23. キエフ
[没]1935.5.15. レニングラード
ソ連の画家。モスクワで学び,1907年 M.ラリオノフに認められモスクワで前衛運動に参加。印象主義より出発し,セザンヌの影響を経たのちフォービスム風な絵を描いていたが,10年以降はキュビスムの影響を受けて非具象絵画に移り,13年に非対象絵画運動シュプレマティスムを提唱。 18年『白の上の白』の連作を描いた。革命後の 19~21年にはモスクワとレニングラード (現サンクトペテルブルグ) の美術学校で教え,26年にワイマールバウハウスを訪問。 27年にベルリンで個展を開いたが,ソ連政府の抽象芸術排斥政策のため挫折し,貧困のうちに死亡。 1970年代以後,ロシア・アバンギャルドの再評価とともに,マレービッチへの関心は急速に高まった。主要作品『白の上の白い正方形』 (1918,ニューヨーク近代美術館) 。著書にシュプレマティスムを詳述した『非対象の世界』がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

マレービッチ【Kazimir Severinovich Malevich】

1878~1935) ソ連の画家。抽象芸術開拓者の一人。幾何学的抽象画を描き、それを理論化してシュプレマティスムと名付けて発表。作品「白の中の白」「非対象の世界」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

マレービッチの関連キーワード社会主義リアリズム[美術]アムステルダム市立美術館シュプレマティズムスチュシェミンスキフィローノフロドチェンコマレービチロシア美術リシツキー抽象美術構成主義抽象画

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android