コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンキエ・エクルオ事件 マンキエ・エクルオじけんMinquiers and Ecrehos Case

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マンキエ・エクルオ事件
マンキエ・エクルオじけん
Minquiers and Ecrehos Case

イギリス領チャネル諸島の主島ジャージー島の南のマンキエ,東のエクルオの小島群の帰属についてのイギリス,フランス両国間の争い。両国は 19世紀末以来争っていたが,1950年 12月,裁判による解決に合意し国際司法裁判所に提訴した。双方とも,中世にまでさかのぼる古来の原始的権原,あるいは実効的占有に基づいて領土権の存在を主張した。裁判所は 53年 11月 17日イギリスの実効的占有による権原の主張を認め,イギリスに帰属する旨全員一致で判決した。またこの事件は,決定的期日あるいは証拠許容期日 (critical date) の選択についても重要な先例となっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android