マング・チムール(忙哥帖木児)(読み)マング・チムール(英語表記)Mangu-Timur

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マング・チムール(忙哥帖木児)
マング・チムール
Mangu-Timur

[生]?
[没]1280
キプチャク・ハン国第5代のハン (在位 1266~80) 。バトゥ (抜都) の孫,トクト・ハンの子。マング・テムルともいう。第4代のベルゲ・ハンの死後即位。フビライ・ハンはこれを承認し,当時モンゴル帝国で起きていた内紛に際し,自分の味方にしようとしたが,マングは,フビライに対して乱を起したオゴタイ系のハイドゥ (海都) の味方をし,彼とともにチャガタイ・ハン国バラフを破った。その時代にキプチャク・ハン国は事実上の独立をなしとげた。また国内的には平穏で,周辺諸国との交易も盛んに行われた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android