マング・チムール(忙哥帖木児)(読み)マング・チムール(英語表記)Mangu-Timur

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マング・チムール(忙哥帖木児)
マング・チムール
Mangu-Timur

[生]?
[没]1280
キプチャク・ハン国第5代のハン (在位 1266~80) 。バトゥ (抜都) の孫,トクト・ハンの子。マング・テムルともいう。第4代のベルゲ・ハンの死後即位。フビライ・ハンはこれを承認し,当時モンゴル帝国で起きていた内紛に際し,自分の味方にしようとしたが,マングは,フビライに対して乱を起したオゴタイ系のハイドゥ (海都) の味方をし,彼とともにチャガタイ・ハン国バラフを破った。その時代にキプチャク・ハン国は事実上の独立をなしとげた。また国内的には平穏で,周辺諸国との交易も盛んに行われた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android