コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マング・チムール(忙哥帖木児) マング・チムールMangu-Timur

1件 の用語解説(マング・チムール(忙哥帖木児)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マング・チムール(忙哥帖木児)
マング・チムール
Mangu-Timur

[生]?
[没]1280
キプチャク・ハン国第5代のハン (在位 1266~80) 。バトゥ (抜都) の孫,トクト・ハンの子。マング・テムルともいう。第4代のベルゲ・ハンの死後即位。フビライ・ハンはこれを承認し,当時モンゴル帝国で起きていた内紛に際し,自分の味方にしようとしたが,マングは,フビライに対して乱を起したオゴタイ系のハイドゥ (海都) の味方をし,彼とともにチャガタイ・ハン国バラフを破った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

マング・チムール(忙哥帖木児)の関連キーワードWXGAXGA高解像度ワイド液晶ダットサンブルーバードP510型プログレッシブ走査方式薄型テレビの新しい潮流Kindle FireFire PhoneSXGA

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone