コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンジマップ Manjimup

世界大百科事典 第2版の解説

マンジマップ【Manjimup】

オーストラリア南西部,ウェスタン・オーストラリア州南西部の町。人口3734(1976)。パースから南へ300km余り(道路距離),ダーリング山脈の南端部に位置し,道路,鉄道が通ずる。周辺では酪農,ジャガイモ栽培などの農牧業が営まれるが,主産業は林業で,カリ,マリ,ジャラなどユーカリ属を中心とする森林が伐採され,チップとなって北方のバンベリー港から日本へ輸出されているが,伐採による環境への影響が生じている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android