コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンダソル Mandasor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マンダソル
Mandasor

別称マンドサウル Mandsaur。インド中部,マディヤプラデーシュ州北西部の都市。インドール北北西約 170km,ビンディア山脈北麓,シナワ川 (チャンバル川の支流) の河畔にある。豊かなマールワ高原に位置し,製糖,綿織物,搾油などが行われ,アヘン生産の中心地。古代の遺跡が多く,近郊のソンドニの石柱には,437年に建立されたといわれる太陽寺院についての記録が残る。人口9万 5758 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android