コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンダソル Mandasor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マンダソル
Mandasor

別称マンドサウル Mandsaur。インド中部,マディヤプラデーシュ州北西部の都市。インドール北北西約 170km,ビンディア山脈北麓,シナワ川 (チャンバル川の支流) の河畔にある。豊かなマールワ高原に位置し,製糖,綿織物,搾油などが行われ,アヘン生産の中心地。古代の遺跡が多く,近郊のソンドニの石柱には,437年に建立されたといわれる太陽寺院についての記録が残る。人口9万 5758 (1991) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android