コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンチネイア マンチネイアMantineia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マンチネイア
Mantineia

古代ギリシア,アルカディア地方の都市。現トリポリスの北方約 13kmに位置していた。テゲアとこの地方の覇権を絶えず争い,その対立はスパルタに対抗するためのアルカディアの統一を妨げた。初期には一群の村落にすぎなかったが,前 500年頃5つの村が集って1つの都市となった。ペルシア戦争後親スパルタとなり,ペロポネソス戦争前半にはこの立場を保持したが,前 450年頃成立した穏健な民主政のもとに強大化し,前 420年には反スパルタ勢力に加わった。前 418年スパルタはこの地で決定的な勝利を得,その後マンチネイア人はスパルタにより離散させられ,レウクトラの戦いののち再建されたが,弱小化した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

マンチネイアの関連キーワードエパメイノンダスフィロポイメンアギス2世

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android