コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンティネイアの戦 マンティネイアのたたかい

世界大百科事典 第2版の解説

マンティネイアのたたかい【マンティネイアの戦】

前418年のスパルタとアルゴスの戦い。アルキビアデスの説得で,アルゴス同盟諸国とアテナイ勢はオルコメノスを陥れた。これに対してスパルタはテゲア軍とともにマンティネイアMantineiaに向かった。マンティネイア近傍でギリシア史空前の規模の戦闘が行われたが,スパルタは圧勝して威信を回復した。なお,同名の戦いが前362年スパルタとテーバイの間で行われ,エパメイノンダスが率いる後者が勝利した。【古山 正人】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のマンティネイアの戦の言及

【エパメイノンダス】より

…前364年にはアテナイの海上支配に対抗し,船隊を率いてエーゲ海を航行した。前362年,4度めのペロポネソス半島侵入を行うが,マンティネイアの戦でスパルタ・アテナイ連合軍と交戦,戦死した。彼の死後テーバイの勢力は急速に衰えた。…

※「マンティネイアの戦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android