コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マークフィルド岩 マークフィルドがんmarkfieldite

1件 の用語解説(マークフィルド岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

マークフィルド岩

(1) 花崗斑糲(はんれい)岩玢(ひん)岩に相当する岩石.斜長石の自形結晶がオージャイトや角閃石とともに微文象組織の石基に囲まれている火成岩である.閃緑岩質のグラノファイアで,グラノファイア(granophyre)と花崗ドレライト(granodolerite)の中間にあたる岩石である[Hatch : 1909].(2) その後ケネディリードは角閃石と酸性斜長石を主成分とし,多量の文象状のメソスタシス(火成岩凝固の最末期の晶出物)で埋められているもので,全自形組織をもつランプロファイアとした[Kennedy & Read : 1936].(3) 花崗斑岩花崗岩ドレライトの中間で閃緑岩質花崗斑岩に相当する.英国ライセスターシャー(Leicestershire),シャンウッド・フォレスト(Charnwood Forest)のマークフィールド(Markfield)による.

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

マークフィルド岩の関連キーワード珪長斑岩クロロファイアひん岩ポルフィド・ロッソ・アンティコベールバッハ岩火成累層エステレル岩コルコヴァダイトトエル岩ヴィントル岩

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone