コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マークフィルド岩 マークフィルドがんmarkfieldite

岩石学辞典の解説

マークフィルド岩

(1) 花崗斑糲(はんれい)岩玢(ひん)岩に相当する岩石.斜長石の自形結晶がオージャイトや角閃石とともに微文象組織の石基に囲まれている火成岩である.閃緑岩質のグラノファイアで,グラノファイア(granophyre)と花崗ドレライト(granodolerite)の中間にあたる岩石である[Hatch : 1909].(2) その後ケネディとリードは角閃石と酸性斜長石を主成分とし,多量の文象状のメソスタシス(火成岩凝固の最末期の晶出物)で埋められているもので,全自形組織をもつランプロファイアとした[Kennedy & Read : 1936].(3) 花崗斑岩と花崗岩ドレライトの中間で閃緑岩質花崗斑岩に相当する.英国ライセスターシャー(Leicestershire),シャンウッド・フォレスト(Charnwood Forest)のマークフィールド(Markfield)による.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

マークフィルド岩の関連キーワード珪長斑岩クロロファイアひん岩ポルフィド・ロッソ・アンティコベールバッハ岩火成累層エステレル岩コルコヴァダイトトエル岩ヴィントル岩

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android