コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マールワーリー資本 マールワーリーしほん

世界大百科事典 第2版の解説

マールワーリーしほん【マールワーリー資本】

インド北西部,ラージャスターン州バニアー(商人カースト)を総称してマールワーリーMārwārīという。原義は〈マールワール地方の人〉。彼らは19世紀に次々と東進や南進をして商圏を拡大し,全インドの商業,金貸業を広範に押さえるようになり,第1次大戦以降工業にも大々的に進出し,財閥が輩出した。インド最大のビルラー財閥がその典型で,バングル,シンガニア,モディ,バジャージ,ゴーエンカ,スーラジマル・ナーガルマル,サフ・ジャインなどもマールワーリー資本である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android