コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マールワーリー資本 マールワーリーしほん

世界大百科事典 第2版の解説

マールワーリーしほん【マールワーリー資本】

インド北西部,ラージャスターン州バニアー(商人カースト)を総称してマールワーリーMārwārīという。原義は〈マールワール地方の人〉。彼らは19世紀に次々と東進や南進をして商圏を拡大し,全インドの商業,金貸業を広範に押さえるようになり,第1次大戦以降工業にも大々的に進出し,財閥が輩出した。インド最大のビルラー財閥がその典型で,バングル,シンガニア,モディ,バジャージ,ゴーエンカ,スーラジマル・ナーガルマル,サフ・ジャインなどもマールワーリー資本である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android