南進(読み)ナンシン

精選版 日本国語大辞典の解説

なん‐しん【南進】

〘名〙 南方へ進むこと。とくに日本が東南アジアへ進出することをいった。→南進論
※風俗画報‐一〇五号(1895)東港占領「南進(ナンシン)軍上陸の第一日図らずも猛烈の衝突を生じ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の南進の言及

【ナムティエン】より

…ベトナム民族が10世紀から19世紀にかけて,北部から南部へ先住民族をおしのけて拡大していった運動。ベトナム民族の故地であるソンコイ川(紅河)デルタ(トンキン・デルタ)は,すでに紀元前数世紀より開拓され,15世紀ころには一部の沼沢地や沿岸部を除いて開拓しつくされた。このため飢饉の発生のたびに,大量の人口が中部,南部のチャム族,クメール人の地に移動していった。これに加えて中国の中華思想の影響を受けた伝統王朝は,異文化地帯への拡張政策に熱心だった。…

※「南進」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

南進の関連情報