ミオパチーを誘発する薬剤(読み)みおぱちーをゆうはつするやくざい

家庭医学館の解説

みおぱちーをゆうはつするやくざい【ミオパチーを誘発する薬剤】

 つぎのような薬がミオパチーを誘発することがあります。
 低(てい)カリウム血性周期性四肢(けつせいしゅうきせいしし)まひをおこすもの 甘草(かんぞう)、利尿薬(りにょうやく)、下剤(げざい)
 炎症性ミオパチーをおこすもの ペニシラミン(関節(かんせつ)リウマチなどの治療薬)、塩酸プロカインアミド(不整脈の治療薬)
 急性横紋筋融解(きゅうせいおうもんきんゆうかい)症をおこすもの アムホテリシンB(真菌症(しんきんしょう)の治療薬)、クロフィブラート(高脂血症(こうしけっしょう)の治療薬)、アルコール
 筋力低下をおこすもの 副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモン(炎症を抑える治療薬)、クロロキン(マラリアの治療薬)
 ミオトニー症候群をおこすもの ジアザコレステロール(コレステロール降下薬)
 悪性過高熱(あくせいかこうねつ)および悪性症候群をおこすもの 全身麻酔薬、向精神薬(精神病治療薬)

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android