コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミオパチーを誘発する薬剤 みおぱちーをゆうはつするやくざい

1件 の用語解説(ミオパチーを誘発する薬剤の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

みおぱちーをゆうはつするやくざい【ミオパチーを誘発する薬剤】

 つぎのような薬がミオパチーを誘発することがあります。
 低(てい)カリウム血性周期性四肢(けつせいしゅうきせいしし)まひをおこすもの 甘草(かんぞう)、利尿薬(りにょうやく)、下剤(げざい)
 炎症性ミオパチーをおこすもの ペニシラミン(関節(かんせつ)リウマチなどの治療薬)、塩酸プロカインアミド不整脈の治療薬)
 急性横紋筋融解(きゅうせいおうもんきんゆうかい)症をおこすもの アムホテリシンB(真菌症(しんきんしょう)の治療薬)、クロフィブラート高脂血症(こうしけっしょう)の治療薬)、アルコール
 筋力低下をおこすもの 副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモン(炎症を抑える治療薬)、クロロキンマラリアの治療薬)
 ミオトニー症候群をおこすもの ジアザコレステロール(コレステロール降下薬)
 悪性過高熱(あくせいかこうねつ)および悪性症候群をおこすもの 全身麻酔薬向精神薬精神病治療薬)

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

ミオパチーを誘発する薬剤の関連キーワード催眠薬ホメオパチーミオパシー鏡帯化学的変異誘発化学的変異誘発原がん原性がん原性物質遠位型ミオパチーミオパチー (myopathy)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone