ミオパチーを誘発する薬剤(読み)みおぱちーをゆうはつするやくざい

家庭医学館の解説

みおぱちーをゆうはつするやくざい【ミオパチーを誘発する薬剤】

 つぎのような薬がミオパチーを誘発することがあります。
 低(てい)カリウム血性周期性四肢(けつせいしゅうきせいしし)まひをおこすもの 甘草(かんぞう)、利尿薬(りにょうやく)、下剤(げざい)
 炎症性ミオパチーをおこすもの ペニシラミン(関節(かんせつ)リウマチなどの治療薬)、塩酸プロカインアミド(不整脈の治療薬)
 急性横紋筋融解(きゅうせいおうもんきんゆうかい)症をおこすもの アムホテリシンB(真菌症(しんきんしょう)の治療薬)、クロフィブラート(高脂血症(こうしけっしょう)の治療薬)、アルコール
 筋力低下をおこすもの 副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモン(炎症を抑える治療薬)、クロロキン(マラリアの治療薬)
 ミオトニー症候群をおこすもの ジアザコレステロール(コレステロール降下薬)
 悪性過高熱(あくせいかこうねつ)および悪性症候群をおこすもの 全身麻酔薬、向精神薬(精神病治療薬)

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android