コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミクロキカス Microcycas calocoma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミクロキカス
Microcycas calocoma

ソテツ科の常緑低木。キューバ特産の1属1種の植物。高さ数mになり葉は長さ約 1m,羽状複葉で 80対ほどの長線形の小葉から成る。雌雄異株で,雌花は長さ 50~70cmもの壮大な円柱状をなし,雄花は長さ 30cmほどである。他のソテツ科の植物と異なり,1花粉管ごとに少くとも 16個の精子を生じ,また1つの雌性配偶体は 200以上の造卵器をつくり,ソテツ科のなかで最も原始的な種類と考えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ミクロキカスの関連キーワードソテツ科

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android