ミクロソーム

化学辞典 第2版「ミクロソーム」の解説

ミクロソーム
ミクロソーム
microsome

細胞分画法において,組織のホモジェネートを遠心分画するとき,3×104gの遠心力で数十分遠心して核,ミトコンドリアリソソームを沈降させた上を,1.05×105gの遠心力で1時間程度遠心してはじめて沈殿する分画をミクロソームという.ミクロソーム分画は不均一であるが,主として小胞体(endoplasmic reticulum)に由来する小胞と膜断片よりなる.細胞内における小胞体はタンパク質合成の場であるリボソームと,それに付着した細管ないし袋状の膜構造体である.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android