ミサキヒモムシ(英語表記)Lineus geniculatus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミサキヒモムシ
Lineus geniculatus

紐形動物門無針綱異紐虫目リネウス科。体長 30~60cm,体幅 0.5~1cm。背面は黒紫,暗褐,暗緑色などの地に多くの白色の輪が体前部または後部に等間隔に並んでいる。頭部はへら状で,頸部に浅いくびれがある。吻道口は頭部中央に開く。本州中部以南に分布し,礫底海岸の転石下にすむ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミサキヒモムシ
みさきひもむし / 三崎紐虫
[学]Lineus geniculatus

紐形(ひもがた)動物門無針綱リネウス科に属する海産動物。南方系の種で、黒潮に沿って分布し、西はアフリカ西岸、東はパナマの太平洋岸に及ぶ。体長30~60センチメートル、体幅5~10ミリメートル。体色は変化に富み、一様な黒紫、紫褐、暗褐、暗緑と淡緑色。多くの白色輪が等距離に並ぶ。第1輪は頭部のほぼ中央で、ほかの輪より線が太い。第2輪は腹面で口の末端に接する位置にあり、その他の輪は体前・後部に限られ、または消失。頭前縁と頭横溝のある頭側辺縁部は無色。浅海の転石の下にいる。[岩田文男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のミサキヒモムシの言及

【ミドリヒモムシ(緑紐虫)】より

…頭部と頸部(けいぶ)との区別ははっきりしている。Lineus属の種類は一般に大きく,ミサキヒモムシは体長60cm,タカクラヒモムシは1mにもなる。【今島 実】。…

※「ミサキヒモムシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android