太い(読み)フトイ

デジタル大辞泉「太い」の解説

ふと・い【太い】

[形][文]ふと・し[ク]
棒状のもののが大きい。周囲が大きい。また、肢体などに肉や脂肪がついている。「―・いパイプ」「首が―・い」⇔細い
線状のものの幅が大きい。「―・い線」⇔細い
声量が豊かである。また、低く重々しい声である。「―・い声」⇔細い
大胆である。また、落ち着いている。「神経が―・い」⇔細い
横着である。ずうずうしい。「食い逃げとは―・い奴だ」「―・い了見」
物事の規模が大きい。勢いが盛んである。⇔細い
「苦心して―・くした身代を」〈木下尚江良人の自白
[補説]動詞「ふとしく」の誤用から生じたシク活用の例が近世以降認められる。
埋もれ木のふとしきを掘り得れば」〈読・莠句冊〉
[派生]ふとさ[名]
[類語](1太やか太め寸胴ずんどう肉太幅広はばびろ極太ごくぶと骨太/(4野放図勝手わがまま横着身勝手得手勝手手前勝手自己本位好き放題好き勝手気随気ままほしいまま恣意的しいてき利己的エゴイスチック好き自分勝手気任せ奔放自由尊大横柄傲然高慢傲慢驕慢倨傲大風おおふう高姿勢高飛車高圧的居丈高権柄尽く・偉そう・口幅ったい僭越越権不遜態度が大きい我が物顔空威張り野太い図太い豪胆厚かましい図図しいふてぶてしいおこがましいえげつないいけ図図しい猛猛しい虫がいい厚顔厚顔無恥鉄面皮破廉恥面の皮が厚い心臓が強い心臓に毛が生えている恥知らず傍若無人人を人とも思わない眼中人無し聞く耳を持たない横紙破りふんぞり返る自己中人も無げ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android