コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太い フトイ

2件 の用語解説(太いの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふと・い【太い】

[形][文]ふと・し[ク]
棒状のものの径が大きい。周囲が大きい。また、肢体などに肉や脂肪がついている。「―・いパイプ」「首が―・い」⇔細い
線状のものの幅が大きい。「―・い線」⇔細い
声量が豊かである。また、低く重々しい声である。「―・い声」⇔細い
大胆である。また、落ち着いている。「神経が―・い」⇔細い
横着である。ずうずうしい。「食い逃げとは―・い奴だ」「―・い了見」
物事の規模が大きい。勢いが盛んである。⇔細い
「苦心して―・くした身代を」〈木下尚江良人の自白
[補説]動詞「ふとしく」の誤用から生じたシク活用の例が近世以降認められる。
「埋もれ木のふとしきを掘り得れば」〈読・莠句冊〉
[派生]ふとさ[名]

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ふとい【太い】

( 形 ) [文] ク ふと・し
棒状・ひもなどの直径が大きい。また、立派である。 「 - ・い管」 「 - ・い柱」
線状・帯状のものの幅が広い。 「 - ・い眉まゆ」 「 - ・いベルト」
(声が)低くて声量が豊かだ。 「 - ・い声」
ふてぶてしい。ずうずうしい。 「何とまあ-・い亜魔あまぢやあねいか/塩原多助一代記 円朝
(ある種の語を主語にとって、比喩的に)大胆だ。小事にこだわらない。 「肝が-・い」 「腹の-・い人物」 「線が-・い」
肉付きがよい。肥えている。 「黒馬の-・くたくましきに/保元
▽↔ ほそい
[派生] -さ ( 名 )
[句項目]

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

太いの関連キーワード細いシャフト酸い面憎い柔い聡い拗ねいとろ・い篦深い

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

太いの関連情報