コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミザクラ(実桜) ミザクラPrunus pseudocerasus; Chinese cherry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミザクラ(実桜)
ミザクラ
Prunus pseudocerasus; Chinese cherry

バラ科の落葉小高木。シナミザクラ,カラミザクラともいう。中国原産で日本には明治の初めに渡来し,温暖な地方で栽培される。茎は高さ2~3m,根もとから叢生し,よく分枝して込合った樹形をつくる。葉は互生し,倒卵形または倒卵状楕円形,縁に鋭い重鋸歯がある。3月中~下旬,葉に先立って開花し,花は白色または帯紅白色で数個ずつ散形につく。果実は梅雨の頃熟し,セイヨウミザクラ (西洋実桜) よりやや小型で,紅色,甘ずっぱい。桜桃は本来,この種類の漢名であるが,日本では別種のセイヨウミザクラに対しても使われることが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ミザクラ(実桜)の関連キーワードセイヨウミザクラ(西洋実桜)