西洋実桜(読み)セイヨウミザクラ

  • せいようみざくら セイヤウ‥
  • せいようみざくら〔セイヤウ〕
  • 西洋実桜 (セイヨウミザクラ)

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 バラ科の落葉高木。西南アジアの原産で、果樹として広く植栽される。五月上旬に白色の五弁花を開く。果実は初夏、黄・赤色などに熟し、球形で果肉は甘く「さくらんぼう・さくらんぼ」と称し生食する。日本では山形県が主産地で、青森県、山梨県、北海道などでも作られる。せいようさくらんぼ。みざくら。桜桃(おうとう)
※欧米曼陀羅雑記へへののもへじ(1928)〈石川光春〉五二「フランスにある桜と云ふのは西洋実桜の事だと思ふが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android