西洋実桜(読み)セイヨウミザクラ

デジタル大辞泉の解説

せいよう‐みざくら〔セイヤウ‐〕【西洋実桜】

バラ科の落葉高木。5月上旬に白色の5弁花を開く。果実は球形で黄色・赤色などに熟す。西南アジアの原産で、日本ではさくらんぼうをとる果樹として栽培。桜桃(おうとう)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいようみざくら【西洋実桜】

バラ科の落葉高木。ヨーロッパ原産。サクランボをとるために東北地方・長野県などで栽培する。果実は球形または円心形で束状について下垂し、初夏、黄色または赤色に熟す。桜桃おうとう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

西洋実桜 (セイヨウミザクラ)

学名:Prunus avium
植物。バラ科の落葉高木,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android