コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミザンセーヌ mise en scène

翻訳|mise en scène

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミザンセーヌ
mise en scène

フランス語で「演出」を意味する。 1820年頃から演劇上演のための人員や材料の総体を表わすのに用いられた言葉であるが,35年前後からは舞台表現の各種の方法の総合統一という操作,機能をさすようになった。さらに 19世紀末からは舞台表現上の個性的芸術活動をさす語として用いられた。日本では俳優舞台装置配置という技術面を示すのに使われている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ミザンセーヌの関連キーワードフランス語

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android