ミツバベンケイソウ(三葉弁慶草)(読み)ミツバベンケイソウ(英語表記)Hylotelephium verticillatum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミツバベンケイソウ(三葉弁慶草)
ミツバベンケイソウ
Hylotelephium verticillatum

ベンケイソウ科多年草で,アジア東部の温帯に広い分布をもつ。日本各地の日当りのよい草地に生える。は直立し無毛で,高さ 30~60cm,暗紫色を帯びることがある。葉は通常3枚輪生,まれに対生,茎の上部では生することもある。長さ5~10cmの狭卵形ないし長楕円形で縁に小鈍歯があり,肉質で白粉を帯びた緑色をしている。夏に,茎頂と上部の葉腋に密な散房花序を出し,黄緑白色の小花を多数つける。花弁は5枚,披針形で長さ約 4mmほどで,暗紫色の (やく) をもった 10本のおしべとともに地味な花である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android