コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミツバベンケイソウ(三葉弁慶草) ミツバベンケイソウHylotelephium verticillatum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミツバベンケイソウ(三葉弁慶草)
ミツバベンケイソウ
Hylotelephium verticillatum

ベンケイソウ科の多年草で,アジア東部の温帯に広い分布をもつ。日本各地の日当りのよい草地に生える。茎は直立し無毛で,高さ 30~60cm,暗紫色を帯びることがある。葉は通常3枚輪生,まれに対生,茎の上部では互生することもある。長さ5~10cmの狭卵形ないし長楕円形で縁に小鈍歯があり,肉質で白粉を帯びた緑色をしている。夏に,茎頂と上部の葉腋に密な散房花序を出し,黄緑白色の小花を多数つける。花弁は5枚,披針形で長さ約 4mmほどで,暗紫色の葯 (やく) をもった 10本のおしべとともに地味な花である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ミツバベンケイソウ(三葉弁慶草)の関連キーワードベンケイソウ科

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android